部門紹介

薬剤科

 当院では、外来患者の皆様には「かかりつけ薬局」による薬歴作成や他の医療機関からの重複投薬の防止など医薬分業のメリットを生かしていただくため、院外処方箋の発行にご協力をお願いしています。
 薬剤師4名で、調剤業務、注射払い出し業務、製剤業務(注射薬無菌調製等)、医薬品管理業務、医薬品情報管理業務、病棟薬剤管理業務、の業務を行っています。

研究検査科

 検査科の業務は、大きく検体検査部門と生埋検査部門に分けられます。検体検査部門では、一般検査・血液検査・生化学検査・免疫検査・細菌検査・輪血関連検査などがあり、迅速で正確な検査データを臨床ヘ提供しております。また細菌検査においては、院内感染防止対策にも重要な役割を担つております。
 生埋検査部門では、心電図・肺機能・脳波・超音波検査・眼底カメラ・聴力検査など広範囲に実施しております。
 検査精度に関しましては毎年、日本医師会に代表される外部精度管理調査に参加し、優秀な成績を修めております。
 また、ICTラウンドや病棟検体収集、中央採血室での外来採血などの業務も行い、他部門のスタッフとの連携も図り、質の高い医療を提供できるように努めております。

放射線科

 画像診断を主に行う医師が放射線科医です。得られた画像データから病気の発見や進行等の評価を行います。
 当院では一般撮影装置、X線TV、X線CT、核医学装置等が稼動しています。診断に有用なデータの提供が診療放射線技師の業務です。収集された画像は、オンラインで院内各診療科に配信されます。フィルムが不要となりECOに寄与しています。

栄養管理室

詳細を見る

 栄養管理室では入院患者さんの食事を美味しく温かく安全に提供できるよう心をこめた食事サービスを行っています。病気治療の目的に合わせ、患者さんの栄養状態(栄養の摂取状況、身体状況の把握)を調べて計画的に改善のお手伝いをします。
 また、病気が原因で食欲が低下した方、高齢化に伴い飲み込みの悪い方、それぞれの状態に合わせたお食事を提供しています。必要によっては個別対応や栄養確保のための栄養剤等も提供しています。

リハビリテーション科

 理学療法士7名、作業療法士3名、言語聴覚士2名の合計12名のスタッフでのぞみA、B、C病棟(障害児リハ)と東2階、東3階病棟(運動器、呼吸、脳血管等リハ)の患者さんにリハビリの治療を提供しています。

療育指導室

詳細を見る

 療育指導室では、心身に障がいや疾病を持った方々に対し、福祉と保育の立場から関わっています。3名の児童指導員と10名の保育士がいます。
  ボランティアさんを募集しています!!詳細はこちら

医療安全管理室

 医療安全管理室は患者様が安心して医療を受けられるよう、各職場の医療安全推進担当者や責任者と連携をとりながら、「医療安全」に向けての取り組みを行っています。
 各職場からのヒヤリ・ハット事例(事故には至らなかったけれどヒヤリとした事例)・事故事例の分析や予防策を現場の職員とともに検討します。
 他部門間でのシステムの検討が必要な場合、医療安全管理室が中心となり組織横断的な活動を行います。
 また、職員への医療安全に関する教育・研修を実施しています。

これよりフッタ