お知らせ検索

動脈硬化
超音波検査(エコー)で動脈硬化がわかります

この検査は、めまい・ふらつきなどの自覚症状のある方や、
高血圧症・糖尿病・高脂血症などで治療を受けている方に特にお勧めします。

検査の目的
・全身の動脈硬化の状態がわかります。
・動脈硬化を起こしやすい病気について定期的に検査することにより、的確な治療が行なえます。

検査の方法
 首の周りの血管に超音波をあてて、血管の画像と血流速度を測定します。
 この検査は約30分で終了します。

くわしくは主治医また外来窓口にご相談下さい。






PAGE TOP ↑

これよりフッタ